審美治療

着色除去

歯の着色除去

タバコのヤニやお茶や食品の色素などで黄ばんだ歯の汚れなどを非常に細かい粉末を用いて落とす方法です。その日中に汚れを落とすことが出来ます。

歯ぐきの着色除去

歯ぐきのメラニン色素沈着や冠などの金属粉による黒変を除去します。

ホワイトニング(歯のブリーチング)

先天的な歯の変色や、歯髄(神経)壊死後に変色した歯を漂白剤で脱色していく方法です。

歯質そのものを脱色するので、樹脂製の詰め物の変色に対する方法とは異なります。

診療室で施行する オフィスホワイトニング とご自宅で自ら行っていただく ホームホワイトニングがあります。

実際には、患者さんごとの固有の歯の状態や生活習慣に合わせて、十分にカウンセリングを行ってからの施行となります。

ホワイトニングを詳しく見る>>

審美性の高い修復物

オールセラミック修復

コンピューターによる歯型の読み取りとセラミックブロックの削り出しを行うCAD/CAMシステムによる非常に精度の高い最先端の修復方法です。次のような特徴があります。

  •  天然歯のエナメル質に近い色、透明感と強度
  •  金属アレルギーや歯ぐきの黒変がない
  •  生体親和性が高く、歯ぐきとの付着性が高い

初期のオールセラミックの割れやすさが改良され、奥歯やブリッジにも可能な第三世代のジルコニア系オールセラミック冠や 、精度と強度が向上したオールセラミックの詰め物(e.maxインレー)や絶対に割れないジルコニア系セラミックインレー等が開発され、現在最高の修復物とされています。

オールセラミックインレー(e.maxインレー)
CAD/CAMによるジルコニア系
オールセラミックブリッジ

IPSe.maxプレスを使用した最新のオールセラミック(e.max)インレーは、従来のセラミックインレーより、強度・適合性・審美性いずれも格段に向上しました。

奥歯やブリッジにも可能な第三世代の ジルコニア系オールセラミックが開発され、現在最高の審美修復物とされています。

ジルコニアとは?

酸化ジルコニウムのことで、金属のジルコニウムを酸化させた物質です。元が金属であったためレントゲン上では金属のように白く写りますが、酸化ジルコニウムは決して金属ではなくセラミックスです。

単結晶構造が宝飾品等のキュービックジルコニア(人口ダイアモンド)で、多結晶構造が歯科のセラミックで、人工関節やスペースシャトルの耐火壁などにも使われています。

非常に軽く、強く、白く、非アレルギー性が特徴の優れた素材です。
(参考)歯科金属アレルギー はこちら

義歯(着脱性)

金属床義歯

ひずみが少ないので適合性が高く、薄くて違和感が少ない。 食材の味や温度が伝わりやすい。

コーヌス義歯(コーヌスデンチャー)

金具を使わず、審美性の高い冠を維持に利用した義歯

スマート義歯(スマートデンチャー)

金具を使わず、特殊な樹脂で歯ぐきを維持する義歯

普通の義歯
コーヌスデンチャー

金具が見えて審美的ではない。

金具が見えず審美的。

スマートデンチャー装着前
スマートデンチャー装着後

ガミースマイル

笑うと上顎の歯ぐきが広く見えてしまうガミースマイルの場合、手術で改善することができます。手術が嫌な人には、唇を引っ張る筋肉の動きを弱めるボツリヌストキシン製剤注射による治療も可能です。

口腔外科はこちら  

骨や歯ぐき・粘膜の整形術

矯正歯科はこちら