口腔アンチエイジング

口腔アンチエイジング医療のご案内

当院ではお口の中からアンチエイジングをお薦めしています。

アンチエイジング医療とは?

「年齢を重ねると、徐々に病気になっていくものだ」とあきらめていませんか?
廊下を一つの病気と考え、治療により老化を防ぐことが『アンチエイジング医療』であり、究極の予防医学とされています。

なぜ口腔からアンチエイジングなのか?

アルティス歯科・口腔外科 なぜ口腔からアンチエイジングなのか

アンチエイジング医療の対象となる臓器・器官の中でもとりわけ口腔は『食べる、味わう、飲む、話す』といった人間の根本的欲求を司る機能のほかに、呼吸や喜怒哀楽の表情を作るなどには欠かせない器官です。
また口腔は歯の喪失、歯周病、口臭、味覚障害、口腔乾燥症などの症状から老化を早期に体感する臓器です。
さらに、老化を加速させる病的因子である有害物質を体内に最初に取り入れることが最も多いのか口腔であり、逆に様々な有害物質除去や浄化を行うことは、口腔からの全身へのアンチエイジング治療を実施することができるのです。

真のアンチエイジングとは?

アルティス歯科・口腔外科 真のアンチエイジングとは

アンチエイジングと言えば、お顔の若返りのためのプチ整形やレーザー治療などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
しかし、それは原因を直さずに、とりあえず一時しのぎの短期間だけ「見た目のアンチエイジング」をしているに過ぎません。
その処置を受けた瞬間から、また再びエイジング(加齢)は進んでいるのです。
真のアンチエイジングは、身体の内部から加齢原因を減らし、加齢スピードを遅くすることが重要です。

老化(加齢)の原因物質の多くは、口腔から入ってきて、
症状も口腔に早くから現れやすい

アルティス歯科・口腔外科 老化の原因物質 タバコ・アルコール・食品添加物

大気汚染、タバコ、アルコール、食品添加物、農薬 等
→これらは酸化・糖化の共通の原因物質です

食品
→摂り方によって、酸化・糖化の原因となり得ます。40歳代から口腔の老化は始まります。
例)歯周病、ドライマウス(口腔乾燥症)、舌炎、歯茎の痩せ衰え、口元のしわ、顎関節症

こんな症状がある方は、全身の老化の始まりを意味しています

  •  最近、むし歯が増えてきた
  •  今まで通り歯を磨いているのに、口臭が気になるようになった
  •  歯周病が急激に悪化してきた
  •  舌や口の中がピリピリする
  •  口が渇く、味覚異常がある
  •  口内炎や口角炎を繰り返す
  •  最近、金属アレルギ―体質になってきた
  •  歯科心身症やうつがある
  •  発音しづらい、飲み込みにくい、むせやすい
  •  顎の関節が傷んだり、口が開けづらい
  •  昔に比べて、顔の高さが短くなった気がする
  •  口の周囲のしわやたるみが増えてきた
  •  ほうれい線が目立ってきた
  •  横顔の口元が凹んできた
  •  口の中が狭くなってきている気がする
  •  粘膜病変や前癌病変がある
  •  口腔がんやその他の癌が現在ある、なったことがある、予防したい

老化(加齢)の原因は、酸化と糖化だった!!

アルティス歯科・口腔外科 酸化と糖化

酸化とは

呼吸によって体内に取り込まれた酸素は活性化し(活性酸素)、人体に有害な酸化ストレス(酸化脂質など)となって、全身の細胞を攻撃破壊し、様々な疾患の原因となります。

糖化とは

タンパク質が体内に余った糖によって変性してAGEs(終末酸化産物)という老化促進物質に変化し、様々な疾患の原因となります。

糖化について

アルティス歯科・口腔外科 糖化について

AGEs(終末糖化産物)が増えると、血管のタンパク質がもろくなり、さまざまな老年疾患の原因となります。

  •  動脈硬化 → 心筋梗塞・脳梗塞
  •  糖尿病 → 合併症
  •  しわ・たるみ・薄毛・歯茎の衰え → 老け顔・歯周病の進行
  •  骨の老化(骨質悪化) → 骨粗鬆症
  •  NASH(非アルコール性脂肪肝炎)
  •  アルツハイマー病
  •  癌

老け顔は体内老化の一指標!?

アルティス歯科・口腔外科 体内老化の指標

AGEs(終末糖化産物)が蓄積すると、皮膚のコラーゲンが破壊され、しわが多くなります。
歯肉も弱くなり、歯周病が進行しやすくなります。一部の歯周病菌自体が、AGEsを産生するとも言われています。(負のスパイラル)

歯周病で歯を失うと、一気に老け顔になります。
AGEsが蓄積している人は、顔貌に現れます。
他の臓器もむしばまれている危険性があります!

AGEsは体外・体内から蓄積します!

アルティス歯科・口腔外科 AGEsの蓄積
  •  AGEs(終末糖化産物)は体外でも生成されます(外因性AGEs)
    パンケーキやからあげの茶色の「おこげ」はAGEs
    喫煙も多量のAGEsを取り込みます。
  • 外因性AGEs(exAGEs)は直腸・すい臓がんのリスクが高まります。
  •  白血球マクロファージに代謝されますが、AGEsが多すぎると体内に蓄積していきますので、年齢とともにAGEsは多くなっていきます。

糖化を防ぐ食生活や運動

アルティス歯科・口腔外科 糖化を防ぐ食生活
  • 外因性AGEs(exAGEs)の摂取を控える
    揚げ物・焼き物(茶色い食品)、ファーストフード、炭酸飲料など。
  •  血糖値を急上昇させない
    GI(グリセミック・インデックス)値の低い食品を中心とした食事、あるいはGI値の低いものを食べ始める習慣にする
  •  生ブロッコリースプラウトや大根おろしを取り入れた食事
  •  緑の野菜をたくさん食べる
  •  食後1時間軽い運動をする(日常的な生活運動で可)
  •  緑茶を飲む

自己管理が困難な方におすすめのサプリメント

病気になったり、細胞が傷んでしまう前に、病気を予防し、老化しない身体に維持するのが一番正しいというのが現代医学の考えです。
でも・・・わかってはいるけど、規則正しい運動も食生活も難しいという方々が大半の夜の中。
そのような場合はサプリメントで体質改善をしましょう。

抗糖化サプリメント

抗糖化サプリメントは今の所信頼性のおけるものは非常に少ないのが現実です。

  •  AGハーブミックス(ヘルシーパス社)
  •  AGEブレーカー(Nacridem/仏)

AGハーブミックス(ヘルシーパス社)

アルティス歯科・口腔外科 AGハーブミックス

複数の糖化経路を阻害(AGEs生成抑制)
内側からの糖化対策
ハーブの力で糖化を防ぐ!
6,500円(税別)

AGEブレーカー(NACDERM/仏)

アルティス歯科・口腔外科 AGEブレーカー

世界で唯一の蓄積したAGEを分解促進(特許製品です)

世界で初めての抗糖化、糖化分解サプリメント
最終糖化産物AGEsを分解する成分がフランスで発見されました
15,000円(税別)

抗酸化サプリメント

抗酸化サプリメントは非常にブームになりましたのでたくさんありますが、それでも品質に問題のあるものがたくさん出回っています。
医療用に主成分が明示され、安全性の高い製品を選択する必要があります。
また、同じような効能のものを被って撮らないように気をつけましょう。

スーパーアンチオキシダント(ヘルシーパス社)

アルティス歯科・口腔外科 スーパーアンチオキシダント

おすすめは、複数の抗酸化物質が配合されたこちらの総合抗酸化サプリメントです。
5,000円(税別)